« 「にほんのコンベア880」公開 | トップページ | 「にほんのボーイング727」公開 »

2012年6月14日 (木)

MobileMe終了対策の覚え書きその1

MobileMe終了があと半月に迫ったところで、重い腰を上げて対策の検討開始。
ワンラウンド色々いじってみたので、最終的な方針を決めるために、一旦整理してみる。

(前提条件)

環境は、OS X 10.5.8が複数台、iPad、iPod Touch+モバイルルータあり。
OSは、特に不都合を感じないのでバージョンアップしていない。10.7は、PowerPCアプリが残っているので当面考え(られ)ない。

利用しているMobileMeの機能。

  • メール:休眠アドレスとして利用
  • コンタクト:(特に利用はしないが、同期はされてる)
  • カレンダー:(特に利用はしないが、同期はされてる)
  • ギャラリー:未利用
  • iDisk:ヘビーユーザ
  • iPhoneを探す:未利用(Touchでは使えないと思い込んでいる)
  • どこでもMy Mac:ヘビーユーザ

利用している同期の項目。

  • ブックマーク
  • カレンダーデータ
  • アドレスデータ
  • ことえりユーザ辞書
  • キーチェーン
  • メールアカウント
  • メールのルール、etc
  • メモ

(方針)
Mac OSでの扱い

  • iCloudは原則使わず、代替機能・サービスを探す
  • メールはiCloudへ移行するが、Mail.appで閲覧できない場合はWebベースで利用する。(休眠アドレスなので時々みられれば良い)
  • どこでもMy Macが使えるかどうか不明だが、使えない場合はVPNに戻る

iOS製品とのデータの同期は、MobileMe放棄後に考える。
必要であればiOS用に10.7のパーティションを用意する。または10.7への移行を真剣に考える。

(iDiskの代替)
DropBoxとSugarSyncを試してみたが、SugarSyncはメニューのショートカット表示がWinライクなのが許せないので却下。
DropBoxは、同期も素早く、安定して動いているように見える。
早速すべてのマシンでiDiskの同期を停止し、オンゴーイングのフォルダ・ファイルからDropBoxへ移行。移行していないフォルダ・ファイルは、各マシンにiDiskのディスクイメージが残るので、必要に応じて追加で移行すれば良い。

(同期の代替)
基本的には、同期している項目の設定ファイルやデータファイルを特定し、そのファイルをDropBoxを使って同期さようという考え方。
設定ファイルやデータファイルの特定は、アップルのサポートにある「Mac OS X 10.4 の重要なファイルをバックアップおよびリストアする方法」という記事が参考になった。
まず、対象のファイルをコピーしてバックアップ。パーミッションを読み出しのみにして保護。
次いで、対象のフォルダ・ファイルをDropBoxにもコピーし、対象のフォルダ・ファイル本体はDropBox内の同期ファイルのシンボリックリンクに置き換えた。当初はFinderのエイリアスを置いてみたがほとんど設定やデータ自体が失われてしまい不可。シンボリックリンクに変えることで、単体のマシンとしては一応機能するようになった。
以下、各項目ごとに同期できるかどうかをチェックした結果と考察。

(ブックマーク)
対象ファイルは、

  • ˜/ライブラリ/Safari/Bookmarks.plist

このファイルは、起動した時には以前のブックマークが現れてうまく動いているように見えるが、ブックマークの追加などの変更を加えると、シンボリックリンク・ファイルが対象ファイル本体に置き換えられてリンクが失われるため、DropBox内の同期用ファイルには結果が反映されない。置き換えられた対象ファイルは、作成日が変更実施時点になっている。つまり、ファイルが上書きされるのではなく、一旦破棄された後に新規に作成されるという動作をしている。
そこで、置き換えられた対象ファイルをDropBoxに手動でコピーし同期させ、もう一方のマシンで、同期されたファイルを対象ファイルに上書きコピーしてみると、結果がきちんと反映された。リンクを使わずに、定位置にある対象ファイルとDropBox内の同期ファイルをきちんとコピーしてやれば同期を実現できそうである。
手段としては、フォルダアクションとアップルスクリプトの組み合わせか、はたまたフォルダをシンクロさせるアプリを使うか。

(カレンダーデータ)
アップルの記事では「iCalで書き出し、iCalで読み込め」とあるがそれでは同期できないので、次のフォルダを対象フォルダとしてみた。

  • ˜/ライブラリ/Calendars/

いくつかイベントの追加・削除をしてみたが、うまく行っているように見える。対象フォルダは、フォルダ内に各イベント毎のファイルが生成されるタイプのためとうまく行っている思われる。

(アドレスデータ)
カレンダーデータと同じく「アドレスブックで書き出し、アドレスブックで読み込め」なので、次のフォルダを対象フォルダとしてみた。

  • ˜/ライブラリ/Application Support/AddressBook/

カレンダーデータと同じ理由で、うまく行っているように見える。

(ことえりユーザ辞書)
対象ファイルは、

  • ˜/ライブラリ/Dictionaries/ユーザ辞書

単語の追加は同期されるようだが、削除が反映されないといった不安定な状態。ユーザー辞書がファイルではなくパッケージであることが原因かとも思ったがが、パッケージを開いてみると個々のファイルもきちんと同期されているので、これが問題でもなさそう。
登録されている単語は20数個で、どうしても我慢できない時しか登録しないので、あきらめてもいいかという感じ。
Preferencesフォルダにある、com.apple.KotoeriWordRegister.plistやcom.apple.JapaneseAnalysisファルダを同期してみたりしたが、ますます動作が妖しくなるので放棄。

(キーチェーン)
対象ファイルは、

  • ˜/ライブラリ/Keychains/login.keychain

状況はブックマークと同じ。同期されたファイルをコピーしてやれば、変更は反映される。

(メールアカウント)
対象ファイルは、

  • ˜/ライブラリ/Preferences/com.apple.mail.plist

状況はブックマークと同じ。
ただし、他の情報も入っていそうだし、頻繁に同期する必要もないので、所在がわかっていれば十分かも。

(メールのルール、etc)
対象ファイルは、

  • ˜/ライブラリ/Mail/MessageRules.plist
  • ˜/ライブラリ/Mail/SmartMailboxes.plist
  • ˜/ライブラリ/Mail/Signatures/
MessageRules.plistとSmartMailboxes.plistは、ブックマークと同じ。ルールは頻繁に同期するものではないし、スマートメールボックスは使っていないのでパスかな。
Signaturesフォルダは、同期できている様子。

(メモ)
対象ファイルは、

  • ˜/ライブラリ/Mail/Mailboxes/Notes.mbox/

フォルダの中に個別ファイルの型式なのでうまく行きそうだが、ファイルは存在するもののMail.appには表示されない。

(To Do)
Mail.app関連ではTo Doもあり、MobileMeでは同期されていたのだが、どこにファイルがあるのかよくわからない。
To DoはiCalと共用なので、カレンダーの方で同期されているかをチェックしたが、イベントは同期されてもTo Doは同期されていないみたいだ。
これも無くても困らないので、追求は挫折。


さて、どうするか...

« 「にほんのコンベア880」公開 | トップページ | 「にほんのボーイング727」公開 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208965/54962323

この記事へのトラックバック一覧です: MobileMe終了対策の覚え書きその1:

« 「にほんのコンベア880」公開 | トップページ | 「にほんのボーイング727」公開 »