« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

1970年以降のにほんのコミューター機、40席未満篇

非現役機シリーズの成果を使って、70年以降に現役だった40席未満のコミューター機のまとめ。
40席未満であること、またその導入の経緯から、DHC-8-100/200を含める。
なおグラフは、民間航空会社のみで作成しており、官公庁の所有機は含まない。

70年代初頭はヘロンがまだ残っていたが、どれほど運用されていたかは判然としない。

その後、アイランダーとDHC-6の導入が進む。
機数ではアイランダーの割合が高い状況が90年代半ばまで続く。アイランダーの退潮は意外と遅く、05年以降。
DHC-6は、機数的にも、座席数的にも、70年代から90年代の前半まで、日本の南端と北端の離島空路を支えていたことがわかる。

80年代以降、すなわちバブル期以降、トライアンダー、ドルニエ、バンデイランテ、ジェットストリーム、ビーチ1900と、多彩な19席級の機種が少数ずつ就航するが、いずれもあまり長続きせずに撤退したり、より大型の機種に転換されたりして行く。わが国の諸条件の中で19席級による路線運営はかなり難しいようである。
生き残っているのは、伊豆諸島路線のドルニエのみで、これは近年アイランダーから大型化されたものである。伊豆諸島は、ジェットフォイルなどの高速船が就航していないにも関わらず、ある程度の人口や観光需要があるため、19席級が生き残れているのではないだろうか。

90年代以降は、真打登場というか、40席弱級のサーブとDHC-8-100/200が現れ、機数はもとより、座席数の大幅増をもたらす。ここ10年ほどは安定した状況が続いており、やっと離島などを結ぶコミューター路線運営の勘所がわかってきたということか。
近年のJAL、ANAとの提携による知名度の向上やチケット販売の効率化なども、効果を上げていると考えられる。

特に更新はないが、関連する機種のリスト。
にほんのデ・ハビランドDH-114ヘロン
にほんのブリテン・ノーマン アイランダー
にほんのデ・ハビランド・カナダDHC-6ツイン・オッター
にほんのドルニエ228
にほんのエンブラエルEMB-110バンデイランテ
にほんのBAeジェットストリーム31
にほんのビーチクラフト1900
にほんのサーブ340
にほんのボンバルディアDHC-8


commuter_u40_planes

commuter_u40_seats

2012年5月30日 (水)

ANAに51機目の777が納入、他

777の動き。

ANAの200/ER型、JA742Aが、5/25にANAに納入。羽田に到着したことからも、PW4074D装備の国内線仕様と思われる。この機の写真はなかなかネット上に現れない。よっぽど変なところに駐まっているのか。
777はこれで合計97機目だが、ペースが著しく落ちているので100機目は来年だろうか。

その他、JALの300型、JA8944が5月下旬に新鶴丸化。JALの200型、JA772Jに5/26より「がんばれ!ニッポン!」のラッピング。
ANAでは、5月下旬より「自治体名ラッピング」。いずれも200型で、JA8968が宇和島市、JA713Aが益田市。

ということで、「にほんのボーイング777」を更新。

2012年5月29日 (火)

ジェットスター2番機が納入、他

A320の動き。

ジェットスター・ジャパンの2番機、JA02JJが5/27に成田空港に到着した。

さらにジェットスター・ジャパンでは、3番機となるJA03JJも5/21に初飛行している。7/3の就航までに予定されていた3機体制が確保できそうだ。

また、ピーチの4番機、JA804Pも5/24に初飛行している。

一方ANAでは、尻もち事故を起こしたJA8384がエアアジア・ジャパンに移籍との情報があるが、確証が得られない。
エアアジア・ジャパンの8月就航時の3機体制とは、どのような陣容になるのだろうか。

ということで、「にほんのエアバスA320」を更新。

2012年5月27日 (日)

JAレジ201機目の737が到着、他

737の新しい時代を拓く?JAレジ201機目の737、スカイマークの800/W型、JA73NPが5/23に到着した。
予約では、NNの次はNXだったが、結果は連番のNPだった。

その他の737の動き。

JALグループの800/W型新造機が2機初飛行した。JA343Jが5/15、JA345Jが5/22。JA344Jが飛ばされてるがどうなってるんでしょう。これらは、JALの国際線仕様だろうか。JEXの国内線仕様だろうか。

JEXでは、3機が新鶴丸化。 JA336Jが5/8、JA335Jが5/15、JA334Jが5/22が新鶴丸となって復帰。いずれもオール・エコノミーのV31だが、座席配置はどうなったのだろう。
JTAでも、JA8998が新鶴丸化。時期は4月下旬〜5月上旬。クラスJ装備の元JEXである。

ANAグループでは、運行会社の標記の整理。
ANAでは、700型のJA17ANのAIR NIPPONが5/20に消去。
ANAウイングスでは、500型のJA8419が5/21にANA WINGSへ書換。これでANAウイングスの500型の標記書換が完了した。

ということで、「にほんのボーイング737」を更新。

2012年5月20日 (日)

新中央航空のアイランダーが退役、他

1970年以降の分析グラフを描くための非現役機シリーズ番外編

40席未満の非現役機の探索が終わったハズ?と思ったら現役機に動きが。

新中央航空の9席機、アイランダーの生き残りJA5305、JA5319が4/26に登録抹消された。昨年のドルニエ228NG導入により、予備機としての役目を終えたことによるものらしい。おつかれさま。

その他のコミューター機の動き。
 
ANAのDHC-8-Q300、JA803Kがリースから保有に変更された。ANAのQ300型は退役が始まっているので、退役に向けた権利関係の整理でなければ良いが。この機種、好きなので。

ということで、「にほんのブリテン・ノーマン アイランダー」、「にほんのボンバルディアDHC-8」を更新。

2012年5月19日 (土)

「にほんのビーチクラフト1900」

1970年以降の分析グラフを描くための非現役機シリーズその5。

にほんのビーチクラフト1900

19席級は終わりだと思っていたら思わぬ伏兵がいた。

この機を運行した2社は、とにかくまともな計画がなかったのでしょう。2000年〜2005年って、今では死語になりつつある「ビジネスモデル」が斜陽し始めた頃じゃないかな。そういう感じの両社の顛末。

残るの2機は、一般名詞のような「国際企業」という会社の所有機。上の定期便に就航した5機が中古機なのに対して、この2機が新造機なのは皮肉。
「国際企業」をググってみると、横浜駅西口のスカイビルでスパを運営している会社が出てくる。この会社の所有だったかどうかは全くわからないが、出雲と伊江島という定置場をみると、リゾート開発でも計画してたのかなと思ってしまう。時期もバブル末期でリゾート開発華やかな頃だし。

飛行機としては、ウイングレットが付いたりして今風なんだけど、通路の天井高を稼ぐためにオデコが広かったり、胴体後半がテールに向けて無理無理しぼられたりして、「でっかいビーチクラフト機です。」感は否めないかな。


19席級は、ホントにこれで終わり?

2012年5月18日 (金)

「にほんのBAeジェットストリーム31」公開

1970年以降の分析グラフを描くための非現役機シリーズその4。

にほんのBAeジェットストリーム31

その4は、その3のバンデイランテを置き換えたジェットストリーム。

一般にJ-AIRはジェットストリーム31を導入したことになっているようなので、表題はそのようにしたが、実機は出力増強型のジェットストリーム32、もしくはジェットストリームSuper31と呼ばれるもの。

パイロットを2人乗せて、タービンエンジンを2基メンテナンスして、19人分しか収入がないのはやっぱり効率が悪いのか、12年ほどの活躍の後、50人乗りのCRJにリプレイスされてしまった。

19席級というジャンルはワールドワイドでは成立しているようだが、鉄道網の発達した我が国では、所要時間と価格と定時性のバランスが悪く難しいのかもしれない。
現在残っているのは、新中央航空のドルニエのみで、競合する交通機関が船しかない伊豆諸島便に就航している。鉄道には負けても船には勝てるのである。

ちなみに佐渡便は、船と言ってもジェットフォイルがあるので、勝負が微妙になるのだろう。

2012年5月17日 (木)

「にほんのエンブラエルEMB-110バンデイランテ」公開

1970年以降の分析グラフを描くための非現役機シリーズその3。

にほんのエンブラエルEMB-110バンデイランテ

ポルトガル語は難しい。ほとんどローマ字読みなんだけど、語感に親しみがないので覚えにくい。

さてバンデイランテ。
評判急上昇中だったとは言え、ブラジル製は勇気が要ったでしょう。安かったのでしょうか。
でも5年弱で力尽きた。

同じ路線が、JALの子会社に移管して、同じく19人乗りながら与圧キャビンで高空を高速で飛べるジェットストリームに入れ替え、積極的な路線展開をしたら黒字化。
経営戦略が足らなかったとということか。それとも腐ってもJAL?


ところで新生JAL黒字化のニュースに接して。
「コスト競争力獲得のための計画倒産だったんぢゃね〜の」という感じ。
社員・OBを含めて誰と誰がリスクを負担したのかを明らかにするために、路線の権利を含めた諸々の資産を売却して、会社自体は清算した方が公正だと思う。

ANAの777新造機、787新造機が初飛行、他

ANAの777-200/ERの新造機、JA742Aが5/7に初飛行した。JA741Aに続いてこれも国内線仕様だろうか。

そのJA741Aは、4/20に正式登録された。国内線用なので定置場は羽田。
JA741Aは、新しいスーパーシートを装備しつつ、他の国内線用200型と同じくC21/Y384の405席とのこと。
また、国内線仕様はエンジンにもおよび、従来の国際線用200/ER型が装備したPW4090ではなく、国内線用200型と同じPW4074Dを装備しているらしい。
PW4000は、型式の下二桁が出力を表しているようで、90は出力9.0万ポンド、74は出力7.4万ポンドとわかりやすい。

また、ANAの787-8の新造機、JA809Aが5/10に初飛行した。この機はどんな仕様だろうか。

787では、先日就航したANAのJA808Aが4/16に、JALのJA826J、JA827Jが4/26に正式登録された。定置場は、ANAは暫定国内線仕様なので羽田、JALは国際線用なので成田。


その他のボーイング機の動き。

小さい方から737。
JEXの737-800、JA342Jが、4/19に正式登録。
ソラシドエアでは、先日デリバリーされたJAレジ200機目の737、800型のJA804Xが5/12の熊本便から就航。また、400型のJA391K、JA737Wが登録抹消。日付はそれぞれ4/2と4/5。スカイネット塗装の400型は、わずか2機となった。これらは新塗装になるか?そのまま退役か?

次いで767。
ANAの国内線用300型、JA8257が4/23に登録抹消された。JAレジのまま既に3月に米国にフェリーされており、解体だろうか?

ということで、「にほんのボーイング737」、「にほんのボーイング767」、「にほんのボーイング777」、「にほんのボーイング787」を更新。

2012年5月16日 (水)

「にほんのデ・ハビランド・カナダDHC-6」公開

1970年以降の分析グラフを描くための非現役機シリーズその2。
古くて、小さいのから攻めてます。

にほんのデ・ハビランド・カナダDHC-6

ボンバル機と揶揄されるDHC-8の小柄なお父さん。DHC-7はお兄さんだから。

850機以上生産されたそうで、なかなか優秀な機体のようだ。日本の退役機でも今だ現役の機もある。
ただ、巡航速度278km/hでは先進国のコミューター機としては辛いようで、固定脚を生かした水上機(特にカナダ)や途上国での利用が多い。

7機が導入されたが、サーブやDHC-8-100などに大型化の上でリプレースされたようだ。

エアアジア・ジャパンのA320新造機が初飛行、他

エアアジア・ジャパンのA320新造機が初飛行した。
型式は予想通りA320-216型。エンジンはCFM56でも出力が小さい5B6。A320で一番出力の小さいモデルだが、その分安いんだろうか。

その他のA320の動き。

ANAのJA207Aがロゴを消されて保管に。ラストフライトは3/9の千歳→羽田便。残る国際線仕様はあと2機。
スターフライヤーのJA07MCと、ジェットスターのJA01JJが、共に4/23に正式登録。定置場は、スターフライヤーが北九州、ジェットスターは成田と納得の場所。

ということで、「にほんのエアバスA320」を更新。

2012年5月15日 (火)

「にほんのノール262」公開

1970年以降の分析グラフを描くための非現役機シリーズそのX。

にほんのノール262

「Nord」と書いて「ノール」と読むのは、ローマ字文化の日本人には無理がある。
「e」を「う」と読ませたり、男性名詞と女性名詞とか、複雑怪奇な動詞の活用とか、フランス語の単位が足らない夢をいまだに見る。

この機種は、国内では1974年まで運用されたことになっているが、どうも妖しい。

JAレジとしては、3機とも1968年の年末以降トーメンの所有となり、1974年まで登録されているが、定置場はマニラとなっている。
rzjetsでは、1969年以降フィリピンのレジでフォリピンの航空会社で運用されたことになっており、定置場マニラと符合している。
一方、WikiのJASの項では、1971年のTDAへの合併時には「若干数のヘロンを除いて保有機の大半がYS-11となり、この後1年は2機種のみでの運航」とある。

いろいろググってみると、PI-C966のFilipinas Orient Airways塗装の写真が見つかった。(eBayの出品物の写真なのでいつまでリンクが持つやら)

以上から、1969年以降はトーメンからフィリピンにリースされていた、しかし自らの権原を国内で明示したいトーメンはJAレジを維持した、その結果二重国籍になってしまった、と想像。

国内では1968年末で退役したとすると、運用期間は2年半〜3年と極めて短期間。
YS-11に対する保険的な意味合いがあったのだろうか。にしてはあまり実績のない機種ではあるが。

また、製造番号2番のF-BLHQを短期間ノール社からリースしたとの情報もあるが、ますます真偽が不明なので却下。

ということで、1970年には既に退役済みの機種となってしまい、せっかくリストを作ったのにスカ。

2012年5月14日 (月)

「にほんのデ・ハビランドDH-114ヘロン」公開

1970年以降の分析グラフを描くための非現役機シリーズその1。

にほんのデ・ハビランドDH-114ヘロン

1958年に公開された裕次郎の「紅の翼」に出てくるDH-104ダブのお兄さんである。
ダブもそうだが、操縦席の上の膨らみが非常に非常に不思議である。
1970年時点では残党が残っていたのみ。

特筆すべきは、JAL、ANA、TAW(71年にTDAに再編)の3社に在籍した機体が3機あることか。

このころは、退役後売却せずに各地の屋上などに展示されるケースが多かったようだ。飛行機の性能向上が著しく、リセール・バリューがなかったということか。
それとも出来が悪かった?

ちなみに、DH-104ダブは1970年以前に退役済み。

2012年5月 7日 (月)

「にほんのマクドネル・ダグラスDC-9, MD-80/90」を拡張

現役機種のリスト作成は終わったが、高度成長期以降の我が国の旅客機の変遷を見るために、退役機種のリスト作成に着手。

まずは、MD-90のリストを拡張して、DC-9, MD-80/90のリストを作成。

旧日本エアシステムのみが導入した機材だが、けっこうな数が導入されている。
1990年代以降は40数機体制を維持。総席数に直すと6,000席以上! チリも積もればなんとやら。
DC-9-41をMD-81で置き換え、さらにMD-90で置き換えるという、概ね3巡しているように見える。

さすがの名機。日本の空の一翼を担ってきたことがわかる。
ただし、ここ1〜2ヶ月でまた何機か退役しそうでだ。今年いっぱいぐらいで消えてしまうのか。

なお、短期リース導入したDC-9-51については、何機導入されたのかいまいち判然としない。

ということで、「にほんのマクドネル・ダグラスDC-9, MD-80/90」を更新。


McDonnell Douglas DC-9, MD-80/90

2012年5月 6日 (日)

各社で新造機就航など

まずはエアバスA320。
先日デリバリーされたスターフライヤーのJA07MCが5/2の北九州→羽田便より就航。すばやい。
また、ジェットスター・ジャパンの2号機、JA02JJが5/2に初飛行を敢行。

次はボーイング787。
先日デリバリーされたJALの3,4号機、JA826Jが5/2のデリー便から、JA827Jが5/6のデリー便からそれぞれ就航。みんなすばやい。

また、JALの777-300、5/1より就航したスカイツリージェットは、新鶴丸化と同時にW91→W14に改修されている模様。

ということで、「にほんのエアバスA320」、「にほんのボーイング787」、「にほんのボーイング777」を更新。

各社で退役機発生

まずはボーイング737。
ソラシドエアの737-400が4月上旬に2機退役の模様。JA737WとJA391K。JA391Kは、ANA→AIR DO→ソラシドと国内を転々とした機体。
その他、ANAでは、合併して消滅した AIR NIPPON 標記の消去が始まっている。確認されたのは、800型ではJA56AN(4/19)、JA64AN(4/25)、700型ではJA16AN(5/6)。

次はボーイング747。
ANAの400D型に新たな退役発生。JA8099が既に米国にフェリー済みの模様。
JA8957ピカチュウも4月中旬より運用に就いておらず、退役かもしれない。

引き続きボーイング767。
ANAの300型JA8257が既に米国にフェリー済みの模様。300型の最初期グループだが、AIR DOを経由しない直接退役は初めて。
300/ER型の国内線仕様がデリバリーされたので、玉突きということか。

最後にエアバスA320。
ANAの導入5年の国際線仕様機、JA206Aが3月上旬から保管に。ガルーダの系列会社に移籍の模様。
同じく国際線仕様機のJA207Aも3月上旬より運用に就いておらず、退役かもしれない。

ということで、「にほんのボーイング737」、「にほんのボーイング747」、「にほんのボーイング767」、「にほんのエアバスA320」を更新。

2012年5月 5日 (土)

JAレジ200機目の737が到着

ソラシドエアの737-800、JA804Xが到着した。
JAレジとして通算200機目の737である。めでたい。

また、ソラシドエアでは、737-800の7〜10号機の導入を決定したとのこと。そろそろ400型の退役が始まるのかもしれない。

ということで、「にほんのボーイング737」を更新。

2012年5月 2日 (水)

JTA×琉神マブヤー 5(イチチ)登場

マブヤー5は、737-400のJA8996で、4/27より就航。
「琉神マブヤー」ってなんじゃいと調べたら、沖縄のローカル番組らしい。「水曜どうでしょう」みたいなの? 同じくMXで見られるらしいので今度探してみよう。

その他の737ネタ。

JEXの737-800、JA342Jが、4/25の帯広便から就航。すばやい。

JEXの737-800に新鶴丸が3機増殖。JA329Jが4月中旬、JA330Jが4/17、JA331Jが5/1からそれぞれ就航。
塗り替えだけだと、1週間ぐらいでできるようだ。次の重整備まで間がある新しいのから塗り替えてるのか?
ところで、この3機と1月に塗り替えられたJA326Jは、いずれも小糸さんがらみのオールエコノミーだけど、同時にクラスJが設置されたのかな? だとすると、機内改修にあわせた塗り替えってことになるな。

SKYの新造機が、4/27に初飛行。この機のレジは、JA73NX? それともJA73NP?
JAレジ200機目は、ソラシドかスカイマークか? ソラシドっぽいが。

ということで、「にほんのボーイング737」を更新。

2012年5月 1日 (火)

元JASの777が新鶴丸に、ANAの777新造機も就航

元JASの777-200、JA8978が、新鶴丸+スカイツリーとなって5/1から復帰。
JA8977の例にならうと、座席配置がJAS仕様のW91からJAL仕様のW14に変更され、ファーストクラス装備になっているはず。
それにしても、スカイツリーのステッカーはしょぼい。

ANAは、4/22にデリバリーされた777-200/ER、JA741Aが、4/28の鹿児島便から就航。相変わらず、すばやい。

ということで、「にほんのボーイング777」を更新。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »